安全大会

2019.07.19

皆さんこんにちは。

 

先日7月2日に弊社安全大会を実施いたしました。

社長の訓示から始まり、安全表彰、安全ウルトラクイズ、重機に関わる安全DVD鑑賞、

安全の誓い、最後に出席者全員で安全スローガンの唱和を実施しました。

安全大会終了後には、赤十字さんにお越しいただき、三角巾をつかった応急処置の方法や、

臨時での担架の使用方法など様々なことを勉強させてもらいました。

 

安全表彰では、世話役を長年務め、常に現場調整と共に安全に気配りをしてくれている藤原さんを

表彰させていただきました。

安全ウルトラクイズでは、弊社安全担当の大沼さんが毎回頭をひねらせクイズを出題してくれ、

みな自身がありそうでなさそうな顔をしながら取り組んでいました。

DVD鑑賞では、実際におきそうな重機による事故とその安全対策を鑑賞しました。

安全の誓いは安全表彰をうけた藤原さんから社長へ、社員を代表し誓いをたててくれました。

最後の安全スローガンの唱和は、能登さんに代表して先導してもらい、みなで改めて安全意識の

高揚を図りました。

赤十字さんの講習は、非常に勉強になり、三角巾はとても便利なものだと感じました。

この経験を忘れないよう、なにかまたこのような機会があれば参加してみたいと思いました。

 

安全大会は毎年やっていることですが、この安全期間だけ安全にすごしても意味がありません。

常に柔軟な発想力をもって、危険に対するアンテナを張ってこそ、現場も進めれますし

いいモノが完成すると思っています。

事故、ケガはマイナスはあってもプラスになることは一切ありません。

日々の作業を充実させるためにも、家庭を守るためにも、安全には常に真剣に

向き合っていきたいものです。